総量規制による借金の影響

消費者金融などの貸金業の限度額を決定している法律的な規制は総量規制と呼ばれており、この規制はその融資が少額融資ならば必ず適用されるため貸金業では安全に融資を受けることが法律的にも求められているといえます。そもそも、総量規制によって限度額を決定するのは、それによって安全な融資の契約を結ぶことが出来るようにするためであるということを忘れてはいけません。予め限度が存在していれば、必ず一定以上の負担を消費者が背負うことにはならないので、返済をするときの負担を最小限度に抑えることが出来るようになります。
基本的に、総量規制による借金の影響は少なくとも消費者にとっては悪い影響をあたえることはまずありません。借金をして返済を出来ずに大きな負担を抱えてしまう人は、返済能力に関して適性が存在しないにも変わらずその借金を背負ってしまっていることを意味します。この規制は、そうした消費者を出来る限り出さないようにするために考えられた規制であるため、この規制によってより消費者の負担が大きくなってしまうなどといった弊害が生じる可能性はありません。むしろ、必要以上にムダな借金をしなくても済むようになるという一点に関しては消費者にとって非常に大きなメリットに繋がります。返済能力の確認を怠れば消費者だけではなくお金を貸す消費者金融にも大きな痛手になりますので、そのようなことにならないようにするための規制が設けられたのです。
参考

Contacts:
Posted by: Baldwin on