おまとめローンの審査は厳しい?

おまとめローンの審査は厳しいと言われていますが、どういった点が厳しいとされるところなのでしょうか。おまとめローンはまとまった金額になることが前提のローンになりますから、業者側も審査は慎重になります。まとまったお金を貸して、返ってこないというのでは困ってしまいますから、返済能力があるかどうかを慎重に判断するわけです。

【他社借入件数】
おまとめローンの審査において重視されるのが他社借入件数です。おまとめローンなのだから、他社借入件数が多いのは大前提じゃないのか?と思われるかもしれませんが、それも限りがあります。一般的には、3社以内でしたら融資をしてもらえる可能性があるといいますが、4件、5件と借入件数がありますとおまとめローン審査に通るのは厳しいようです。一説ですと、銀行のおまとめローンの場合だと厳しいところで借入件数3社でも通りにくくなってしまう、という話もあります。ですからおまとめローンに申込をするのであれば、借入件数が増えてしまう前の段階で検討をする必要があるのです。

【他社借入れ額】
他社借入は件数だけでなく借入れ額も関わってきます。年収に対して、半分を超えるなどあまりに多い借入れ額となってきますと審査に通るのが難しいでしょう。目安としては、おまとめローンの場合には総量規制の例外にはなりますがそれでも年収の3分の1程度と思っておいたほうがいいでしょう。

【多重申込】
カードローンなど申込情報というのは、申込をしただけでも信用情報機関のほうで登録されてしまいます。おまとめローンの審査に通らない…と短期間のうちに複数の業者に申込をしてしまいますと、申込ブラックとなってしまいます。申込ブラックとなれば、それだけで要注意人物とみなされて申込をした時点ではねられてしまうようになります。1ヶ月のうちに立て続けに3社など申込をするのは危険ですので、落ちてしまったあとの申込には注意しましょう。

【返済状況】
おまとめローン審査の際にも当然、信用情報機関にて信用情報をみられることとなります。もし過去に金融事故、例えば3ヶ月以上の延滞や不払い、債務整理などといった情報が載っていたら審査に通るのは難しいでしょう。事故情報は種類にもよるのですが、5年~10年の間は保存され続けます。

【勤続年数】
普通のカードローンの場合、6ヶ月程度をボーダーラインとしているところも多いですが、おまとめローンを利用するのであれば最低でも1年の勤続年数は欲しいところです。もしも少し待てば1年経つ、というような状況なのであれば、それからおまとめローン比較をして申込をした方が審査に通る可能性は上がるでしょう。

Contacts:
Posted by: Baldwin on